自信を作る方法は2つあります

↑ ↑ MR.Nさん臼山直樹さん

自信を作る方法は2つあります。

1つは根拠のある自信を持つということです。

上はよく言われますね。
やれるんだという根拠のない革新を。

根拠のない自信も下に書いてあります。

根拠のある自信というのは成功体験を積み重ねていくとできる自信です。

自己啓発の本によく書かれているのがこの根拠のある自信です。

行動して実践して学習して成功して自信になっていくというものです。

実績という根拠ができて、それが自信の源になっていきます。

こういった根拠のある自信は実践すればするほど積み重なっていきます。

紆余曲折した過程とともに結果を積み上げていき自信に変換していきます。

根拠のある自信はオーソドックスですが大事な自信の作り方となります。

★2つ目に根拠のない自信を持つということです。

根拠のない自信とは勘違いすることから生まれます。

この業界に参入したときに「大したことないな」と感じました。

独立前に、僕はそれなりの競争をやってきてたので

この業界の競争が非常にぬるま湯に感じたのです。

この「大したことないな」という壮大な勘違いから

根拠のない自信が生まれて現在に至っています。

僕は技術面では世界屈指の実力を培っていきたいのですが、

これも僕ならば達成できるかなと根拠なく思っているわけです。

この根拠のない自信も非常に大事な自信の作り方となります。

では、根拠のある自信と根拠のない自信どちらが強いのか?

それは根拠のない自信の方がずっと強いということになります。

なぜならば根拠ない自信はすぐに壊れにくいですからです。

そもそも勘違いしているわけですからね。

勘違いが覚めない限り自信は維持されます。

一方で、

根拠のある自信は根拠がある

根拠のある自信は根拠があるからこそ簡単に壊れる傾向があります。

例えば、

市内大会を優勝したチームが市内大会優勝という部分に根拠をもつと、

市内大会優勝のチームの前に県大会や全国大会優勝のチームが現れたら

市内大会優勝のチームは今までの培った自信がなくなってしまいます。

★一方で根拠のない自信は簡単に壊れることはありません。

そもそも自信を根拠を求めずに勘違いしてるのですから。

僕は日収1億円という世界レベルに到達すると思ってるのですが、

この予測はまだ実現していないわけなので根拠のない自信です。

なので、誰かに無理だと説得されも自分で強く思ってるので壊れません。

僕が今まで何かを達成した時に起点にしたのは根拠のない自信です。

根拠の無い自信をもち、真っ当に取り組んだ結果、

実績が積み重なり根拠のある自信もついています。

周りには痛い人だと思われるかもしれませんが、勘違いは素晴らしいことです。

どんどん勘違いして根拠のない自信を持つようにしましょう。

それがひいては根拠のある自信(実績)につながっていくわけですから。

この記事はアフィリペディアを書かれた
臼山直樹さんの許可を得て書いています。

早く行動することで、あなたは成功します!

アフィリペディアを完全に無料で入手する

さゆりにメール

それでは、最後までお読みいただいてありがとうございました。
アフィリペディア読んであなたも成功してね(^^♪