選んだキーワードでも、
成約につながらないのと、
成約につながるキーワード

選んだキーワードでも、
成約につながらないのと、成約につながるのがあるのです。

キーワードたくさんありますよね。

成約しやすいキーワードは
購入意欲が高いキーワードの事です。

成約されにくいキーワードは
購入意欲が低いキーワードですよね。

さてなぜでしょう。???(´;ω;`)

売れやすいキーワードは、購入意欲が高いキーワードですね。
それは成約してくれやすいキーワードです。

文章がまだ未熟な方や初心者さんは
成約してくれやすいキーワードを狙うと
売れやすいです。

成約されやすいキーワードは
商品名キーワード(商標キーワード)です。

私はこれを教えていますよく。


商品名で選ぶキーワード

だから初心者さんは商品名キーワードを選びますよね。

成約に近いキーワードは、ライバルが多いです。
検索してみてもそうですね。

商品名キーワード+関連キーワードを組み合わせるわけです。

通販、購入、格安などなど
成約にすごく近い関連キーワードです。

でもね有名商品で売れやすいものだと
この関連キーワードもライバルが多いです。

考えることは同じなのですね。

なので視点をずらした関連キーワードを
組み合わせるとよいと思います。

ここでまた問題です。
視点をずらした関連キーワードを組み合わて
ライバルが少なくなっても。

成約されにくいキーワードになっちゃって
アクセスが増えても売れないということも起きてきます。

売れやすいキーワードを見つける場合は
出来るだけ成約されやすい関連キーワードを選ぶように
視点をずらしつつも意識して書きます。

悩みキーワードなどは商品名が含まれていないので
成約につながりにくいキーワードになります。

★余談ですけど★
おばあちゃんがね、コラリッチEX使ってて。
プレゼントとして送ってきてくれた、
石鹸、とってもいいの、洗顔してコラリッチ
つけて寝ると、朝すごく肌がピントしてしわが
るだたないのですって。

↑ ↑ ↑ のようなのはいいわね
商品名もあるし、商標もあるから。

簡単に成約していただきたい、
ライバルが少なめの売れやすいキーワードを選びたいですね。(*’▽’)

あなたのどんなふうにキーワードを
選んでますか。

成約されやすいキーワードを選んでるかしら。

ライバルが多いでしょうか。

多い場合は、少し関連キーワードを変えてみます。

私は2語でライバルが多ければ3語キーワードにすることもあります。

少し視点をずらしてみると、
ライバルが少なくて購買意欲が高い
良いキーワードが見つかることもあります。

そしてキーワードを決めたあとは
記事タイトルや見出しも決めないといけませんね。

2019年の企画