生命保険について考えよう

★生命保険は本当に不要と思いますか?
生命保険が不要だと言っている人の意見を聞いてみると

保険料が高いのでもったいないといった感覚的な持論や
独身者はいらないとよく言われます。

★生命保険の役割とは

生命保険が
何のためにあるかということを理解しましょう。

生命保険は、万一死亡した場合に
残された人が経済的に困ってしまいますよね
そんなことが起きないように加入するものです。

多くの人が少しずつお金を出し合って、
たまったお金を一部の困った人を救うために
使うという助け合いのしくみで作られたものです。

★収入で家族の生活を支えている人は生命保険が必要

生命保険から考えると、生命保険が必要な人は
扶養家族がいて、もし自分が死亡した場合に
家族の生活が成り立たなくなるような人ということになります。

そうなったら大変ですよね。

こんな事がおきたら

たとえば、結婚してこどもが生まれたばかりの
お父さんが死亡したとしたら、

残された母子はそれまでの収入がなくなって
しまい生活に困ることになります。

そんなことが起きたとき生活費やこどもの教育費がありません
生命保険でお金を残してもらえたら安心です。

これで、残された家族が生活できるのか、
こどもの教育費は確保できるのかということを考えると、
余程の資産でもない限り生命保険が必要なのはあきらかです。