郷里さゆりの好きな町

今日は小矢部市津沢の町を紹介いたします

小矢部市は、富山県の最西端に
位置する人口約3万4千人の都市です

もうトンネルを出るとすぐお隣の県
石川県になる市です

水源を五箇山から流れて、富山湾に注ぐ

小矢部川の清らかな流れ
本当にきれいなのですよ

市内には、城下町・寺のまちとして栄えた石動(いするぎ)
いするぎって読めなかったのです最初ちはるも

古代ロマンにあふれる町なのですよ

宮島、砺波山源平古戦場なのです
その時代を思わせるような
すてきな町です

加賀藩の藩倉のまちとして栄えた津沢
津沢の町って初めて訪れた時

なぜか、昔にタイムスリップしたように
感じ増しが、それでいて新しい感覚のする

不思議な町でした
この街でさゆりのおじさまは
生まれ育ちました

小さな川が家の前に流れていて
お宮さんがあります

今も変わらない街です

四季折々の美を彩る散居村など
豊な自然と歴史や文化にあふれています
地上118mのクロスランドタワーやメルヘン建築物
テレビでも紹介されていました

住んでみたいと思える魅力のあるまち
住んで良かったと思える充実感のあるまち

津沢夜高行燈祭り

静かで情緒豊かな
素敵な安ど感のある町です

小矢部からは銅器の町
高岡はそんなに遠くないです。
国道八号線を東へ二十分くらいです。
富山市へ向かって走ります。