プロフィールの書き方

プロフィールってサイドバーに簡単に、
自己紹介程度しか書いてない人いますね。

プロフィールって訪問してくださった方は、
あなたの事を知らない人がほとんどです。

ネットでお商売やってると対面するのって少ないですよね、
一番あなたを知っていただけるのはプロフィルです。

「プロフィールの書き方がわからない」
という人は多いですよね。

「そもそも、
 ブログにプロフィールは必要なの?」
という人もいるようです。


プロフィールやっぱり大切です。

あなたはどうでしょう。

「人のは知りたくも、読みたくもないと」
いう方もいます。

さゆりは絵も入れています。
↓ ↓ ↓

「あった方がいいのかもしれないけど面倒」
そんな風に思われているなら、
ブログ訪問者の心をつかむことはできません。

なぜなら、プロフィールは、
「共感・信頼」を得るための大切なものです。」

「共感・信頼」を得られてはじめて、
ブログ訪問してくださる方は濃い読者さまとなって、
毎回ブログを楽しみにしてくれるのです。

さゆりも最初は適当な書き方をしていました。

プロフィールの重要性を意識していなかったのです。

プロフィールの書き方を変えてから、
すごく変わったことがあります。

読者さまからのお声が増えたことです。

そのメール内容で頻繁に出てくるのが、
「プロフィールに書かれていた○○に共感できました」
「プロフィールに書かれていた○○に心を打たれました」
というような言葉です。

プロフィールの書き方を知ることで、
ブログ訪問者の心を鷲掴みにして、
濃い読者さまを増やすことは可能です。

ブログ訪問者さんの心理を考えることから学んでいきましょう。

★ プロフィールを読みたいと思うブログ訪問者の心理
あなたならいかがですか。

さゆりは記事を読んだりしたとき、
この記事を描いてる人はどんなひとかなぁ
と思って読みたいと思います。

あなたのブログを知らない、
はじめてのブログ訪問者さんはどこから来ていただけるのでしょう

「知りたい情報を調べるために、
 Yahoo!やGoogleなどの検索から来る人」
「ソーシャルメディアや人気ブログランキング、
↑ ↑ ↑
から来ていただいてますよね。

具体的に情報を求めてきた人。
なんとなく来た人。
どちらも記事を読んで、価値を感じたとき、
こんな風に思うと思うのです。

「この記事を書いた人って、どんな人かなぁ?」
その興味を満たすために、はじめてのブログ訪問者さんは
プロフィールを探すでしょう。


プロフィールがない?

「プロフィールがない!」
「サイドバーに、ちょこっと書いてあるこれだけ」
こうなると、

もう来ていただけないかもしれませんよね。

はじめてのブログ訪問者さんは、濃い読者さまではありません。

あなたのことを知るために、プロフィール以外の記事から
あなたの情報を探す人は少ないですよね。

はじめはみんな少しの興味からはじまります。

それを活かせるかどうかです。
「訪問者さんの心をとめられるか」
「印象に残らないままさよならされるか」
そんな大切な役目を持つのがプロフィールです。

さゆりもアフィリエイトを習った先生に
おしえてもらいました。

プロフィールページは、あなた自身を知ってもらい、
「共感・信頼」を得るための大切なページです。

心を込めて、
自分の経験や考えを書くようにしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です