ニッチキーワードって

ニッチキーワードの探し方!時間をかけずに記事を書く方法

あなたも知りたいですよね
むつかしいSEOも勉強すると
たいへんなのです。

多少なりともSEO対策に興味のある方でしたら、

ロングテールやニッチキーワードなどの言葉を聞いたことあると思います。

最初わかりませんでしたが
長い間、収入が得られやすいということです。

検索上位を狙って

検索の上位表示を目指し、定期的なブログ記事の更新に

励んでいる型ももいらっしゃいます。

アクセスアップにつながるようなビックキーワードでの上位表示は、
それだけ競合となる相手も多く、難易度もかなり高い。

なかなか検索上位には上がりにくいです。

記事を書くのもなかなか大変です。

勝ち目がありそうな、ニッチキーワード

勝ち目がありそうな、ニッチキーワードを探して
ロングテールを狙おうというのはどうでしょうか。

ニッチキーワードってなかなか探しにくいですね。

少し説明しましたがニッチキーワードとは、検索数自体は低いものです。

ライバルも少ないため、キーワードの探し方さえ間違わなければ、
比較的、ブログ記事に時間をかけなくても、上位表示ができます。

単に検索上位されても、そのニッチキーワードが訪問された方ににとって、

意味がなければ効果はありません。

↓ ↓ ↓この教材は
前野からさゆりは持っいます。

NEOノンバトルアフィリエイト(改)

需要がないキーワードを複合ワードとして使いましても
売上などの結果には結びつかないのです。

ニッチキーワードの探し方がより重要ですね。

さゆりはグーグル検索の競合が5万から10万くらいのを
狙うのが多いです。

グーグル検索してみて
ひだりの一番上にできす。

それをさがしてキーワードは決めるのと
一番下の関連キーワードらも探します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です