キャッチコピーの作り方手順があるのです?

キャッチコピーって何を描いたらいいのかしら。

悩みますよね。

★キャッチコピーの作り方★

何も考えずにキャッチフレーズをつくると、
失敗してしまうこと多いですね。

宣伝文句をつくるのは難しいんですね。

キャッチコピーの作り方の手順があるのです。

キャッチコピーの作り方
具体的な数字を使うと効果があるのですよ。

具体的な数字で書いた方が読者さんは反応します。

「ものすごくたくさん売れてる和菓子です」よりも
「1日200個売れる和菓子です」この方がインパクトがあります。

お客さまの声を使うのもよいですね。
口コミです。
口コミもそのままコピーしてはいけません。

何でも迷ったときは他人の意見を聞いて安心したくなりますよね。

あなたも楽天やAmazonでお買い物をする際に
レビューが気になったりしませんか?
よみますよね。


商品も使って感想を書くと効果があります

商品も使って感想を書くと効果がありますね。

お客さんが思っている先入観や間違えた常識がありますね。

あなたがその常識を否定することで、
「じゃぁどうすればいいの?」と興味を引かれます。

教材でもよくあります。

「この教材で本当に稼げるのか」ってのが
たとえば商品でも「ブくブく阿波の出る洗顔は小じわが増える」
と書かれてたりしたの見たことあります。

そんなときは、キーワードに書いた回答を
書いてあげましょう。

記事はキーワードの回答を描いてあげることが
一番なのですよ。

さゆりも検索したとき、
調べたいことが書いてあって「あた」って喜んでみると、
全然回答が違うことあります。

そんなときは、雨に降られてしょんぼり、
状態で、とぼとぼ。。。


↑ ↑ ↑ のような状態で訪問してくださった人が

がっかりしてしまわないようにね。


なんでなのってさゆりも思いました。

2 thoughts on “キャッチコピーの作り方手順があるのです?”

  1. こんにちは。
    松千代です。
    とても参考になる記事どうもありがとうございます。
    たしかに、記事を拝見して「具体的な数字で書いた方」がインパクトがあるし、具体性があるなぁと感じました。
    私もインパクトや読者の記憶にのこるような記事を書いていきたいと思いました。

    1. 松千代さんいつもありがとうございます。

      頑張っていらっしゃいますね。

      私も、訪問してくださる方が少しでも、
      お役に立つことを、勉強もして書いていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です